食用タランチュラ

未分類

食用タランチュラの食べ方や入手方法は?知っておきたい5つの疑問を解決!

見た目の恐ろしい毒グモといえば「タランチュラ」ですが、実はタランチュラは、食用として多くの地域で食べられています

本記事を読んでいるあなたも、食用タランチュラに興味があるのではないでしょうか。

しかし、タランチュラを食べたくても、おいしい食べ方や食べるときの注意点などを知らなければ、食べる勇気が出ないかもしれません。

そこで本記事では、食用タランチュラを食べる前に知っておきたい基本情報を、分かりやすく解説していきます

今のうちに、食用タランチュラのおいしい食べ方や、食べる前の注意点などを把握しておきましょう。

世界各地の美味しい昆虫食を販売

バグーム公式サイトへ

タランチュラを含む全25種の昆虫を取り扱い!

食用として人気のタランチュラとは?

海外の一部地域では食用にもされるタランチュラですが、そもそもタランチュラとは、どのような昆虫なのでしょうか。

タランチュラは、サイズが大きく、見た目が恐ろしい毒グモとして有名です。

一般的には、クモ目オオツチグモ科のクモのことをタランチュラと呼び、北アメリカや東南アジア、アフリカなどの、暖かい地域に生息しています

脚の数は8本で、毛むくじゃらの体と獰猛な見た目が特徴的です。

毒グモのイメージが強いタランチュラですが、毒の効果はそれほど強くありません

最近では、ペットとして飼われることもあるほど、クモの中では高い人気を誇っています。

食用タランチュラの5つの疑問を解決

食用タランチュラに興味がある方は、今のうちに、タランチュラの味やおいしい食べ方などをチェックしておきましょう。

ここにある5つの基本情報を把握しておけば、より安全においしくタランチュラが食べられるようになります。

食用タランチュラの歴史と文化

日本では生息していないタランチュラは、毒グモのイメージばかりが先行していますが、海外ではタランチュラを食用にしている国がいくつかあります。

タランチュラの食用文化が、特に根付いている国がカンボジアです。

カンボジアでは、タランチュラやコオロギ、バッタなどの昆虫食が文化になっています

カンボジアでは、1975年から1979年までの4年間、ポル・ポト政権下によって食糧難が深刻化しました。

そのときに積極的に食べられるようになったのが昆虫食です。

カンボジアに行けば、レストランでも気軽にタランチュラ料理が味わえ、名物料理の1つにもなっています。

近年、日本でも昆虫食は人気になってきていて、食用タランチュラを購入できるルートは増えてきました。

そのため、現在は国外に出なくても、食用タランチュラを楽しめます

食用タランチュラの毒は大丈夫?

タランチュラといえば、毒を持っているイメージが強い昆虫ではないでしょうか。

タランチュラは腹部に刺激毛があり、この刺激毛が人間の肌に触れると、炎症が発生してしまいます

タランチュラを食べるとき、この毒を気にする方もいますが、タランチュラはしっかりと加熱処理をすれば、毒の心配をする必要はありません

毒を気にせず、安心して食用タランチュラを食べましょう。

ちなみに、タランチュラの毒は多くの人が思っているほど強力ではなく、タランチュラの毒で死んだ事例はないといわれています。

どうやって食べるの?

食用タランチュラは、どのようにして食べるのが正解なのでしょうか。

タランチュラの最も一般的な食べ方は、から揚げです

食用タランチュラをそのまま油で揚げるだけで、おいしく食べられます。

しっかりと揚げることで、タランチュラの毒も抜けるので安心です。

揚げることで、タランチュラのそのままの姿を残したまま、サクサクとした食感が楽しめます。

火を通すことで香ばしさも増すので、タランチュラのから揚げは、最もおすすめの方法といえるでしょう。

ちなみに、タランチュラの食文化がある海外では、腹を割って生で食べることもあります。

しかし、毒の心配もあるので、知識がない方は茹でや揚げなど、しっかり加熱処理をして食べるようにしましょう。

食用タランチュラの味は?

食用にされるタランチュラはどのような味がするのでしょうか。

見た目から想像するのは難しいかもしれませんが、タランチュラは食用にするとカニのような味がするといわれます

また、食用タランチュラは他の昆虫と比べても食べられる身の部分が多いので、昆虫食の中でも、肉らしさを感じることができるでしょう。

火を通すことで香りもよくなるので、見た目とは裏腹に、おいしい昆虫食体験ができます。

食用タランチュラは栄養豊富?

タランチュラを含めた昆虫食は、栄養価が高いことで注目を集めています。

昆虫は動物の1種なので、たんぱく質を豊富に含んでいるのが特徴です

さらに、必須アミノ酸や鉄分、ビタミンなどの栄養素も多く、健康面でもおすすめの食材といえます。

食用タランチュラも栄養価が豊富で、加えて1匹まるごと食べられるので、タランチュラの持つ栄養素をすべて摂取可能です。

味がおいしいだけではなく栄養も豊富な食用タランチュラは、抵抗がない人にとって最高の食材といえるのではないでしょうか。

食用タランチュラを入手する3つの方法

日本にはさまざまなクモが生息していますが、タランチュラを見かけることはありません。

タランチュラを食べたいのであれば、海外から食用として輸入されたタランチュラを食べることになります。

タランチュラを食べてみたい方は、食用タランチュラを入手する3つの方法をチェックしておきましょう。

通販で購入する

食用タランチュラを最も簡単に入手できる方法が、通販サイトの利用です。

昆虫食を販売する専門通販サイトは多く見つかります

通販サイトであれば、食用タランチュラだけではなく、コオロギやワームなど、さまざまな昆虫食を購入可能です。

家にいながら、好きな昆虫を豊富な選択肢から選べるのは、通販サイトのメリットといえます。

通販サイトでタランチュラをチェック

店舗で購入する

昆虫食を販売している店舗での購入もおすすめです。

昆虫食の専門ではなくても、マニアックな商品を扱っているお店であれば、昆虫食は販売されていることがあります。

食用タランチュラは、昆虫食の中でも人気なので、店舗でも見つけやすいかもしれません

店舗で購入すれば、その場で好きな商品を選べます。

専門料理店で食べる

昆虫食を提供している居酒屋やレストランなどは、日本にも多くあります。

住んでいる地域に、昆虫食の料理店がないか調べてみましょう。

専門料理店では、プロの手によって調理された食用タランチュラが食べられるので、初めての昆虫食にも向いています

お店によって料理方法が変わるので、オリジナリティを感じられるタランチュラ料理も食べられるかもしれません。

食用タランチュラを食べるときの3つの注意点

魅力の多い食用タランチュラですが、食べるときは3つの注意点を意識しておきましょう。

アレルギーや値段など、食用タランチュラを食べる前に知っておきたい注意点を解説します。

アレルギーに注意

牛乳や大豆を食べてアレルギー症状が出る方がいるように、食用タランチュラを食べてアレルギー症状が出る方もいるので注意が必要です。

コオロギやタランチュラなど、昆虫食でアレルギーが出やすい人は「甲殻類アレルギー」を持っている人です

昆虫はカニやエビなどの甲殻類と同じ物質をもっているので、甲殻類アレルギーの方は、昆虫食でもアレルギー症状が出るかもしれません。

万が一のことも考えて、甲殻類アレルギーの方は、食用タランチュラを食べないようにしましょう。

値段は高め

一般的に、昆虫食は他の食材に比べて値段が高めです。

食用タランチュラは昆虫食の中でも高い価格で販売されていることが多いので、事前に確認しておきましょう。

食用タランチュラの販売価格の相場は、安くて2,000円程度高ければ4,000円を超える場合もあります。

値段だけ聞くと高く感じるかもしれませんが、食用タランチュラを食べる機会はめったにありません。

食用タランチュラに興味がある方は、1度だけでも購入を検討してみてはいかがでしょうか。

見た目が苦手な人は多い

昆虫食は、見た目のインパクトが大きな魅力ではありますが、その見た目が苦手な人もいるので注意しましょう。

サプライズやプレゼントで食用タランチュラをあげる人もいますが、人によってはタランチュラの見た目を恐れて、どうしても食べられない場合があります。

調理済みのタランチュラも、見た目は生きているときと同じなので、見た目を踏まえたうえで、おいしく食べられるかどうかを事前に確認しておくことが大切です。

まとめ

食用タランチュラは、見た目は恐ろしいかもしれませんが、味もおいしく栄養価も高い昆虫です。

少しでもタランチュラを食べることに興味がある方は、ぜひ食用タランチュラを購入してみてはいかがでしょうか。

bugoom(バグーム)

世界各地の美味しい昆虫食を販売

バグーム公式サイトへ

タランチュラを含む全25種の昆虫を取り扱い!

人気記事

-未分類

Copyright© 昆虫食.net , 2020 All Rights Reserved.